日常のその8

ゲーム配信や作詞配信をご覧くださった方に最大の感謝を。

ツイキャス、ツイッチをご覧になったかたは分かると思うんですけど、私の声は初見の人に受け入れられにくいらしく。

色々気を付けながら喋っているんですが、なにせ18年もかけて培ってきた癖はなかなか治ってはくれません。

暇な時ややる気の出ないときにちょくちょく配信していきますので、このブログと同時にぜひよろしくお願いいたすで候。

今回は私を構成する最大要素、言うなれば私の癖を生み出した題材ですね。

ラノベについて語っていきたいと思います。

と、言っても持ってるラノベ全てを紹介すると本当に私が過労死するので今回は寮に持ってきているラノベだけ!!

寮から持ってきた以外にもまだ4倍くらいあるので……(唐突な自分語り

おすすめのラノベや有名どころばっかりなので普段小説読んでない人にはぜひ読んでほしいですね!

ラノベのいいところはlightなwriteなので!!

私は所謂大衆文学もたくさん読んできたのでいつか紹介できたら。


寮に持ち込んだラノベ紹介!


変態王子と笑わない猫。

DSC_0306


何でも願いを叶えてくれる猫像に建前を祈ってしまった感情の激しい少女―筒隠月子の表情を取り戻すために奮闘する物語。

月子ちゃんがかわいい! 月子ちゃん以外もかわいい!! (カントク神)

さがら先生の唯一無二の表現が私たちを変猫ワールドへ誘う。

つい先日完結したので一気読み、できます。

そしてこの先生の新刊『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?
DSC_0311


売れるものは、自分を表現した作品じゃない。

そう切り捨てた塾講師にして作家の主人公が死んだ目をして生きていくストーリー。

職業作家も塾講師も、感情を殺したって売れるんだ。

相変わらずの圧倒的なロリのリアリティ、ロリアリティ圧がすごい


俺の妹がこんなに可愛いわけがない
DSC_0307


仲たがいした妹の人生相談に振り回される兄の視点で話が進んでいく小説。

ツンデレと言えば? ランキングでトップを走り続ける妹、桐乃がちょーかわいい。

一般の人がコアなオタク趣味をするのにはいろいろ壁があって。

かく言う私がずっと続けてきたサッカーというコミュニティーにも、もちろんオタク枠なんてなくて。

オタク趣味と一般のコミュニティーの両立を取り扱っている話、です。

同じ作者の『エロマンガ先生』は家に置いてきてます……ね。

こちらもおすすめです!


ロウきゅーぶ!
DSC_0309


アニメを見てこの作品を理解した! と思うのはまだ半分。

この物語の本当の魅力は精巧なバスケ描写にある。

私もアニメからこの本を購入してビックリするくらいビックリした(?)

この作者はロリコンな上にバスケも愛しているんだなと感激した(誉め言葉)

同じ作者の『天使の3P』は家……。

面白いんですよとても!

この作者が紡ぐ「本気」の場面はとてもスカッとするんです!!


アクセルワールド
DSC_0312



ラノベSFの代表川原礫の二大巨塔の一対。

私はSAOよりこっちが好きなので持ってきました。

といっても15巻だけなんですけどね。理由は忘れました。

リアルと第二世界の関係を映すのが本当にうまい。

加速してみないか? この話はたったこれだけ。

それが細かくて複雑なプロットで超大作になる。

SAOと合わせて読んでほしい!


涼宮ハルヒの憂鬱
DSC_0313


みんな大好き涼宮ハルヒ。

オタク界に詳しくなくてもこの名前を一度は聞いたこと……はさすがに言いすぎか。

それでも今のアニメやラノベ業界を作ったといっても過言ではない作品。

ハルヒが憂鬱したり溜息ついたり退屈したり消失したり暴走したり、いろいろしながら学園生活を過ごしていく物語。

一昔前のライトノベルのテンプレートみたいな感じです。

登場人物のキャラメイキングはお手本と言うしかない素晴らしさ

ほとんど全員主人公を張れるんじゃないか??


ノーゲーム・ノーライフ
DSC_0315


一般的に異世界ものと括られる作品をほとんど読まない私が珍しくハマった作品。

ゲームですべてが決まる世界で魔法も身体能力もない人類が世界を制覇していく物語。

独特の語り口が賛否両論分かれるところですが私は好きです。

特に6巻。ヴォイ泣きしましたありがとうございます。

読んでみると少し人生に対する考え方が変わるかも。


さくら荘のペットな彼女

DSC_0316


王道中の王道のラブコメ。

このラノベのアニメが放映されてた時期に『僕らはみんな河合荘』も流行っていたことを覚えています。

天才と凡人。

好きってなんだ? みたいなことをすごく考えさせられる。

ラブコメ特有の”あの痒い感じ”をたくさん味わえる!


妹さえいればいい。

DSC_0317


最近のラノベ界のトレンドである「職業系ラノベ」を流行らせた作品。

アニメ化されたみたいですね。見てないけど。

作家ならではの悩み、裏情報、その世界がコミカルに、時にシリアスに描かれております。

これを見ればやっぱり作家って変だ……と誰しも思うことでしょう。

同じ作者の『僕は友達が少ない』は小説部屋ですね……

真の友達、友達以上の関係、そもそも友達ってなんだ?

ゆるりゆるりと過ぎていく学園生活で得たもの。

青春の獲得に全力を注ぐ話。

むちゃくちゃおススメ!!


電波女と青春男
DSC_0319


こちらはもっと青春の獲得に全力を注ぐお話。

主人公は自分の生活に「青春ポイント」を付け、日々そのポイントの獲得に勤しんでいる。

女の子と一緒に下校して+1ポイントだったり、叔母さんに初ハグを奪われてー5ポイントだったり……。

作者の高い表現力、ラノベにおけるふわふわとした表現力が私はすごく好き。

この作者はとても器用で、様々な題材でお話を書いている。

その中に一番私が好きな話がありまして。

いもーとらいふ
DSC_0320


妹と一生添い遂げて暮らして、社会はそれを良しとするだろうか。

……私(とあるの)には妹はいないけど私は妹というものを愛している。

この作品は漠然と「妹モノ」というだけで購入した。

それまで何も考えなく、妹について何も理解していなかった。

ある話のにーさんと妹の話が永遠に続くかどうかなんて考えもしていなかった。

私の妹論に一石を投じてくれた素晴らしい作品です。

ちなみに私が行きついた妹論は「兄として愛しぬいた先に恋が存在するならばそれは仕方がない。その逆は■ね」です。

兄は兄をしなくてはならないんです。

と、地元の友達にこの本を貸して語ってみたところ本気で引かれました。なんでや。

そして、この作者が現在執筆している『安達としまむら
DSC_0321


百合で百合で百合です。

できることなら壁になりたい。

そしてまたこの人の小説特有のファンタジックなキャラクターも……。

ぜひぜひ一度購読を!!


弱キャラ友崎くん

DSC_0322


私の人生のバイブル。

例えるなら俺ガイルの八幡にやる気を持たせてみたみたいな感じ。

ちなみに俺ガイルは家……すまぬ。

パッとしない男子必見の物語。

この主人公は”陽キャラ”を目指して奮闘していますが、別にそんなつもりない人でも大事なことがたくさん書いてあります。

背筋、表情、服装。

少し気をつければ大きな効果を得られるなんて、やるしかないでしょう??


ようこそ実力至上主義の教室へ
DSC_0323


このタイトルと聞いてバカテスを思い浮かべる人は多いと思う(実際私もそうだった)が、話が根本的に違う。

バカテスが下剋上と青春をテーマに置いているならばこの作品は社会への疑問……といったところだろうか。

少し年齢層は高めに設定してある気がする。

ただ、その手の学校のシステムにおいて最下層と切り捨てられた人達が活躍する物語が好きな人には確実に刺さります!!


神様のメモ帳
DSC_0324


ニート予備軍の高校生とニートの私立探偵が街の謎や問題を解決していく話。

完全にミステリーに話を振っているわけではなく、街のニートたちとの交流も大きなテーマだ。

そのうえでラノベ的青春要素もあるので見ていてスカッとする。

説明が短くなってしまったけど一巻一巻しっかり泣かせてくる。

"It's the only NEET thing to do"(これがたった一つの冴えたやりかた)


二度目の夏、二度と会えない君
DSC_0325


映画化もされた青春まっしぐらのラノベ。

夏になると読みたくなる。

ループの先で君は、俺は、このバンドは?

伝えたいことと伝えなければいけないこと、伝えてはいけないことが交叉して未来はどうなるのか。

キュンとしてぶわっと涙が止まらない。そりゃ映画化もされるわ。

で、だ。

この作者は『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』も書いた作者なのですが。

また、新刊を出したのです。

その名も『出会ってひと突きで絶頂除霊!』(写真はkindle)
DSC_0326


……。


もうほんとにタイトルから創造した通りの内容です。

性癖詰め合わせグッズになります。

はい。面白かった。


中二病でも恋がしたい

DSC_0327


実はこのラノベ、昔から出てまして。

三巻が出たところで出版社と作者がもめたとかなんとかで一度打ち切られて……。

小説ではオリジナルストーリーが楽しめます。

六花ちゃんちょーかわゆす。

生まれ変わったらゆうたになるんだ。(モンハン脳)


クズと金貨のクオリディア
DSC_0348


ここからはプロジェクト・クオリディアを四作紹介していきます。

プロジェクト・クオリディア
についてはリンク貼っときます。

簡単に言えばラノベ界トップの3人の作家が<speakeasy>というチームを組んで同じ設定で違う物語を書いたということです。

その3つの物語の結末がアニメで放送されたときには感涙の極みでしたね。

そして、この話はその後で紹介する3つの話の前日譚というわけです。

世界の終わり間際の青春の物語です。

やっぱり渡航が書くクズはとんでもなくクズですね。えぇ。


そんな世界は壊してしまえ ークオリディア・コードー
DSC_0328


アンノウンと呼ばれる未確認敵性勢力と戦う関東防衛都市は東京、神奈川、千葉の3つ。

その東京編である。

空を飛べるエリートが花形の戦闘科を務め、それ以外が非戦闘科ときっぱりと別れている学園都市にはもちろん落ちこぼれがいて、みんなが幸せなんてありえないわけで。

頑張ればなんとかなる? 落ちこぼれなんていない?

さぁ、どうだろうね。


いつか世界を救うために -クオリディア・コードー
DSC_0329


神奈川編。

暗殺対象が人類の希望で。

組織の意向を優先するか、自分の人としての感情を優先するか。

揺れ動く感情の中、様々な事件が主人公を巻き込んでいく。

『デートアライブ』を書いた先生です。家にあるけど。


どうでもいい 世界なんて -クオリディア・コードー

千葉編。(家にありますすみませぬ)

主人公の社畜はこの世界のことなんてこれっぽっちも考えていなかった。

ただ、目の前のタスクをひたすら片付け、上司に怒られ、それが生き方だった。

特別な能力に目覚めることもなければ、上昇する欲もない。

たった一つ譲れないものがあるとしたら妹との生活。

それ以外はどうでもいい 世界なんて。


86 -エイティシックスー
DSC_0331


戦死者0の無人機が戦う戦場で無人機に乗り戦う、”いないことになっている少年少女”の物語。

作者がかなりの戦争オタっぽくて無茶苦茶精密なバトルシーンが楽しめる。

そして人々の思惑が複雑に絡み合っているのも魅力。

相変わらずめっちゃ泣いた。

現在4巻までしか刊行されていないので集めやすいかと思います。

リアリティを高めたロボット小説です!!


革命機ヴァルヴレイヴ

DSC_0332


こちらはファンタジー色が高めなロボット小説。

”ヴァルヴレイヴ。それは世界を暴くシステム。”の煽りの通り主人公がヴァルヴレイヴというロボットを駆り、世界を解き明かしていく話

そして星間で戦争をする話です。

私は当時ロボット小説に抵抗があったんですけど、この話はすんなりと読めました。

今はロボットは好きです。ワクワクします。

3巻完結でとても読みやすい、です!


白翼のポラリス

DSC_0333


読書感想文をこの本で書いたほど気に入っている話です。

私の将来の夢は空を飛ぶことなんですが、空漠と考えたその夢を明瞭にしてくれました。

戦闘機ファンタジーでバトルシーンがとても熱いです!

この小説を読む前に一度戦闘機の空中戦闘機動について軽く勉強しておいたほうが楽しめます。

自由に、優雅に空を飛ぶことはきっと気持ちいい

なんとなくこちらまで空を飛んでいる気分になれます。


君死にたもう流星群
DSC_0334


読了ほやほやで心がいっぱいの物語です。

本当に面白かった。

帯に感動巨編と書いてありますが、一巻一巻に話の区切りがあるわけではなく、シリーズを通して完結。という形式です。

だからこそ話が厚い。未回収の複線の数がまだまだ多いので楽しみです。

ISSで死んだ宇宙飛行士のヒロインを救うために奮闘する物語。

宇宙飛行士は一番なることが難しい職業らしく、「夢と現実」が物語の中で多く取り上げられていきます

夢を諦めない、君に。

私も一層頑張らなくちゃと思いましてござんす。


※妹を攻略するのも大切なお仕事です。
DSC_0349


私、実はこれをまだ読んでいなくて。

前巻の『※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。』の紹介を。

編集者の兄と作家の妹が売れる本を創るために頑張るお話です。

売れる本を創るとは……ってそこまで深刻な文体ではなく、コミカルなところはコミカルに描かれています。

シスコン兄貴が妹のために……って展開が好きな方は合うと思います!!


メルヘン・メドヘン(1、2、3巻はお家)
DSC_0350


これがアニメ化するとは思っていなかった。

私は楽しんで読めましたがあまりリアルの周りの評価は高くなかった記憶があります。

メルヘンチックな魔法が大好きな私は大好物でしたね。

(魔法科高校の劣等生は家にございます紹介できなくてすみません)

若干百合? 要素もあり私にとってはキマシタワー。

文章が丁寧です。読んだ後に胸がいっぱいになりました。


→ぱすてるぴんく。

DSC_0336


ネット彼女が主人公と一緒に生活するために転校してきた! というまさかな展開から始まるラブコメです。

主人公は過去の恋愛を黒歴史と切り捨て現実では事なかれ主義。

過去の苦い経験と現在の甘い日々はデジタルのように切り離されていることはなく、いつまでも尾を引いていた。

少し邪道なラブコメなので受け入れられない人には厳しいかもしれませんが一見の価値アリアリですっ!!


友達いらない同盟
DSC_0337


一度友達について考えてみませんか?

主人公はこいつには殺されてもいいと思える人を”友達”と定義しています。

あなたがいつも話している人物に、殺されるとしたなら?

いや、この問いに明確な答えは無いと思います。

一度この本を読んで考えてみてはどうでしょうか?

ちょっと中二病チックな物語もハマる人にはハマります、きっと。


僕の喫茶店には小さな魔法使いが居候している

DSC_0338


短編が集まって一つの作品になる話です。

背景は同じですけど。

話のまとめ方が綺麗で、読んでいて気持ちがよかったです。

実は私がコーヒーを勉強し始めたきっかけはこの作品にあったりします笑

不思議な話だけど人間らしいお話です。


双子喫茶と悪魔の料理書

DSC_0339


悪魔の料理書はなんでも叶えてくれる魔法の本。

容姿が似ている双子の姉と縁で結んでくれと願ったら、結ばれてしまったのは妹の方で。

隠したい気持ちや伝えたい思いが三角関係をぐるぐる回ってどこに行き着くのか。

イラストが素晴らしい……いい!!


読者(ぼく)と主人公(かのじょ)と二人のこれから
DSC_0341


「14歳」という小説のガチ恋勢だった僕のもとにその小説のヒロインとしか思えない少女が現れる。

当然一目ぼれをし、当然彼女の趣味嗜好を知っている”僕”は彼女に近づいていく。

”僕”が好きなのは一体どの彼女なのか。

好きって何なんでしょうね。(n回目)


賭博師は祈らない

DSC_0343


賭博師……それは最高に不安定な職業である。

負けが込めば勿論生きていけないし、大勝してしまえば賭場に目を付けられる。

主人公は”勝たない”、”どうでもいい”を信条に生きてきたが、あるとき”運悪く”大勝してしまう。

その埋め合わせとしてそのお金で賭場の奴隷を買うことにしたがその奴隷が厄介で。

自分以外は”どうでもいいと”切り捨てるのか果たして。

賭場なんて勿論行ったことはないですが、その場の空気が味わえる小説でした。


チアーズ!

DSC_0342


『緋弾のアリア』の先生が書いたお話。

本気で誰かを応援するということの意味を考えさせられます。

応援の力は偉大です。サッカー中も何度助けられたことか。

少女たちの挫折と成長をこちらからも応援したくなります笑


僕の知らないラブコメ
DSC_0344


突然手にしたスキップ能力で嫌なことを飛ばしてたらいつの間にかクラスのとんでもない不良と付き合ってた、って話。

自分が好かれるようなことをした覚えはないし、むしろ怖いしという感情の中、スキップ中の記憶をたどっていく。

逃げるのは簡単だけど、それでいいの?
 

エンディングトーク

はい! たくさん文字を書いたー。

どうだったでしょうか。

ラノベのチョイスで性癖がバレるって聞いたことありますけど全部買っちゃえばバレないですねっ!

まだまだ紹介したい作品はたくさんあるんですけどさすがに私がしんでまう……。

途中で■ねとか物騒な言葉が飛び出してしまったことをお詫びいたします。

でも、”妹論”に関しては誰にも負けるわけにはいかないので。

あ、家に置いてきたラノベで一つだけ紹介したいものがあり。

この恋と、その未来』という作品です。

名前だけ出しておきます。興味がある方はどうぞ。6巻だけなので一瞬ですね!

まだまだいろいろ語り足りないですが今回はここらへんで終わりにしたいと思います!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

今回の一言:デュララララララララ……(不穏な笑み)

最後まで読んでいただきありがとうございました!!
LINEの登録やツイッターのフォローなどぜひぜひお願いします!!